スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.322の歌たち

wikiからこちらに収納。
誰が何の花なのかは秘密にしておきます(忘れたとも言う)
最近バレットの感想さぼってるなぁ…
時間をおけばおくほど書きにくくなると言うのに!
感想戦で燃え尽きてしまうみたいです。





>シャープ
咲誇る騒人達の目に触れず
向けられた笑みに心を癒す
想い込め重厚打つは決意故
解かす力に此の身を寄せる

>パティ
西風の愛が頬触れ春知らせ
その私語きは風が連れ去る
空高く浮かぶ姿を見送りて
さあ昇ろうと息を吸い込む

>スリフト
咲誇る樹の下で猫一つ鳴く
其の神酒の元身を休ませる
恋焦がる訪れ知らす微風は
魔術師の手で此の身に届く

>リキ
月草の染まる心に抗わず
消えゆく想い留めと願う
月光の下で静かに顔擡げ
身輝かんと朝陽を受ける

>九曜
篝火に凝らす瞳の鋭さは
冬終わる頃に真実射抜く
傾けど光消せぬと操りて
猫は陰から鳴き声贈らん

>15
提灯の灯りに釣られ蛍舞う
ひらりひらりと揺れ瞬いて
灯消し佇み味わう其の景色
次のおとずれはや待ち遠し

>兄
猫濡れて乾く心に沁みる花
染め上がる紅幾度となくと
重ねればより紅く空輝きて
夕焼けの陽を追い走り出す

>湯川
繁栄の想いを胸に金と青
月草を抱いた色淡く染む
跪き其の手取りて傅かん
落とす口付けその意心に

>店長
槍向けて赤の外套身を包み
見据える姿に神の手を見る
舌の上舞う花弁は身を飾り
其の真を視て明日を極める

>パゴタ
指し示す光の先に見える路
大振りの花はやがて崩れる
一華草効は貴君に届かない
優雅な食事へ礼は欠かさず

スポンサーサイト
<<お引っ越し | ホーム | 高円寺プチオフ会>>


name
title
mail
url

[ ]


トラックバック URL
http://pepucopal.blog.fc2.com/tb.php/14-914b4038
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。